【NSMC共催】井出明講演会「新潟から考えるダークツーリズム」を開催します

2018年2月24日、「ダークツーリズム」をテーマとする研究会として、追手門学院大学井出明教授の講演会を開催します。新潟ソーシャルメディアクラブとしては、久しぶりのイベントを「共催」として実施します。

講演終了後、NSMC企画として「交流会」を予定しております。皆さんふるってご参加ください(LTのお申し出も歓迎します)。

北沢浮遊選鉱場

北沢浮遊選鉱場

日時:2月24日(土) 14:00-16:00

演題:「新潟から考えるダークツーリズム」

講師:井出 明 氏(追手門学院大学経営学部教授)

会場:クロスパルにいがた映像ホール(新潟市中央区礎町通3ノ町2086番地)

参加費:無料

参加申込みは以下、こくちーずからお願いします(外部リンク)

2月24日 新潟から考えるダークツーリズム(新潟県)

主催:敬和学園大学情報メディア研究所
共催:新潟ソーシャルメディアクラブ

今回は「悲しみの記憶の承継」というキーワードで、ダークツーリズムに関する研究に取り組まれている、追手門学院大学の井出明先生をお迎えします。国内外で豊富な調査経験を有する井出先生から、新潟県を含む国内外のダークツーリズムポイントを美しい写真とともに紹介していただきます。

講演内容キーワード

  • 中越地震と熊本地震が織りなす糸
  • 太平洋戦争における新潟とオーストラリアのつながり
  • 模擬原爆投下地としての長岡
  • マルタの日本海軍墓地と山本五十六の関係性
  • 産業史から見た佐渡の世界遺産登録の可能性
  • ESD(持続可能な開発のための教育)素材としての新潟水俣病
  • ハルビン、ウラジオストクそして新潟という「観光圏」の考え方
  • 高度成長と田中角栄というコンテンツ
  • 戊辰戦争の記憶と福島第一原発
  • 八甲田山死の行軍と新潟のスキー振興
  • サーカスの切なさとハヤシライス

 

5/23、新潟フォトウォーク古町にて開催

(この記事は、新潟ソーシャルメディアクラブの過去記事を、アーカイブから復旧したものです)

昨年10月の沼垂開催からだいぶ間があいてしまいましたが、次回の日程が決まりました。
5月23日(土)、古町周辺にて今年最初の新潟フォトウォークを開催します。
古町では過去何回か開催していますが、最近話題になったあの場所で撮影や、普段見て回る事のない場所を撮影、昼と夜の違いを撮影したいと思っています。
今回の新潟フォトウォークの予定としては、
第1部(昼の部)は白山神社をスタートしてシモフル方面へと歩いていこうと思っています。そのまままっすぐ日和山まで行き、せきとり本店で懇親会(小休止)。第2部(夜の部)は夜の古町を撮影し、懇親会(二次会)したいと思います。
どちらかのみの参加でも良いですし昼夜参加も大歓迎です。また、途中から参加していただいてもOKです。昼と夜の街の違いを感じながら街歩きしましょう。
撮影するカメラは本格的なものから、デジカメ、スマホ、携帯電話のカメラでも参加OKです。
たくさんのみなさんのご参加お待ちしております。
集合
【第1部】白山神社
【第2部】古町
ルート
【第1部】白山神社~カミフル(~本町・人情横町)~シモフル~日和山(日和山展望台)
【第2部】古町(鍋茶屋通りなど)
集合・解散
【第1部】 12:00集合 16:30解散
【第2部】 19:00集合 20:00解散(予)
懇親会
【第1部】せきとり本店 17:00~18:30
【第2部】 未定(古町) 20:00~

ご参加希望の方は、以下Doorkeeperよりお申し込みください(募集終了)。

昼の部の懇親会場はせきとり本店です。ご参加希望の方は以下よりお申し込みください。(夜の部懇親会は古町で予定をしています。会場決まり次第ご案内します)